会津鉄道

家族と鉄道の旅

会津鉄道

 
  


             

           会津鉄道のページ





  会津鉄道は福島県の西若松から会津高原尾瀬口を結ぶ54.7キロのローカル線です。

  会津鉄道の旅の魅力は古き良き日本に風景を存分に味わえるところです。

     


  元々は旧国鉄の会津線と呼ばれ赤字ローカル線で廃止対象にもなっていたのを
  第三セクターの会津鉄道が引き継ぎました。

  今はさらに、野岩鉄道の会津高原尾瀬口と東武線の新藤原を結び、
  浅草から会津田島までは直通電車も運転され首都圏から会津地方まで
  一本のレールで結ばれています。
  
  また、会津鉄道の列車はJR只見線にも直通運転を行い全ての列車が
  会津若松を起点、終点となっていてアクセスも便利です。

  また、会津若松からのJR磐越西線はSL磐越ものがたり号も運転されていて、
  会津鉄道にたどり着くまでに、どこからアクセスするかを考えるのも楽しみです。

  行きは、東武鉄道の特急スペーシアで、帰りは只見線の絶景を楽しんで、
  また磐越西線のSL列車でとか、新幹線にも乗ってなど色々な変化にとんだ
  旅ができ、子供たちも喜びそうです。

  会津鉄道は阿賀川に沿ってはしるのでその景色は新緑も紅葉もすばらしい!

  また、湯野上温泉や、芦ノ牧温泉などの温泉も沿線にあり、温泉好きにもうってつけ。
  また、トロッコ列車も運転され鉄橋の上の絶景ポイントでは列車を止めてくれる
  サービスもあり、高所恐怖症の方以外はうれしいですね。

  ◆湯野上温泉駅◆

   全国で唯一の茅葺き屋根の駅舎で待合室には囲炉裏があり鉄瓶が下げられる。
   駅に囲炉裏があるなんて都会の者には想像もつきません。

            


  ◆湯野上温泉

   古くから豊富な湯量と大川渓谷沿いの雄大な眺めで知られる湯野上温泉は
   会津観光の拠点として湯宿の点在する閑静な温泉。
   泉質は無色透明無味無臭のアルカリ性単泉。神経痛、疲労回復など様々な効能が
   あるとされています。


  ◆塔のへつり◆

   会津鉄道きっての景勝地、この景勝地のために塔のへつり駅ができました。
   “塔のへつり”は大川の凝灰石でできた川岸が長い年月の間に侵食され、
   塔が並んでいるような奇観を呈する景勝地です。
   途中近くの土産ものやでは鮎の塩焼きや「へつり団子」が売っていて
   その香りに食欲もそそられます。
                                  
                                             塔のへつり


  ◆大内宿◆

   会津西街道の宿場町茅葺き屋根の建物が軒を連ねます。
   約40件もの茅葺き屋根の家並みがつづき、江戸時代にタイムスリップしたような
   かつての宿場町の雰囲気が味わえる場所です。
   大内宿の名物は箸のかわりに長ネギを1本で食べる「ねぎそば」、是非食べてみよう!

       

                     
                             『三澤屋』のねぎぞば


  ◆合津鉄道のトロッコ列車◆

   窓の無いトロッコと、お座敷車両の組み合わせ。雨の日でも大丈夫。
   県立公園大川ラインの渓谷美を風を感じながら堪能できます。


  



 家族と鉄道の旅〜TOP


 寝台特急カシオペア
 トロッコ列車

 津軽鉄道
 島原鉄道
 会津鉄道
 ゆりかもめ
 大井川鉄道
 飯田線
 青梅線
 江ノ島電鉄
 上野動物園〜モノレール
 銚子電鉄
 函館市電
 只見線
 足湯のある駅
 鉄道博物館
 黒部峡谷鉄道
 和歌山電鉄
 
 プロフィール
 
Copyright (C)  家族と鉄道の旅 All Rights Reserved 
掲載の記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等はご遠慮下さい