飯田線

家族と鉄道の旅

飯田線

 
  


             

           飯田線のページ


 佐久間レールパークは平成21年11月1日をもって閉園となりました

  飯田線は愛知県の豊橋から静岡県を通り、長野県の辰野を結ぶ
  195.7キロのローカル線です。

  全線を走る列車は6時間の時間をかけて94(豊橋、辰野を含む)の駅
  に停車しながら走ります。

  こんなに駅の数が多いのは元々4つの私鉄だったからだそうです。

  飯田線は天竜川の峡谷や伊那盆地の高原の景色や中央アルプスの見ながら走ります。

             
                 時又〜川路間を走る飯田線

  豊橋から10分ほどで豊川に着きます。
  ここはお稲荷さんで有名な豊川稲荷の玄関口です。
  ちなみに豊橋の駅弁も何と言っていなり寿司が有名です。
  飯田線の旅にも一つ求めたいです。

                     
                          豊橋駅のいなり寿司

           
                 豊川稲荷

  列車は奥三河の美しい鳳来峡を宇連川に沿って走ります。
  ここには湯谷温泉があり1日に5組のお客様しか宿泊できない宿があり、
  温泉好きの方には見逃せないでしょう。
 
  中部天竜駅には佐久間レールパークがあり子供連れでも楽しめます。
  ここには日本の鉄道の名車を16両展示してあり、幼い頃に乗った
  なつかしい電車とかもあります。
 
     
                         佐久間レールパーク

  入場料が140円なのも、お父さんやお母さんにもうれしいですね。
  (開館日に注意)

  中部天竜をでると列車は天竜川に出来た佐久間ダムの前を走ります。
  ここは静岡県の佐久間町、こんなところまで静岡県なんですね。

  佐久間駅を出ると長いトンネルに入ります。
  大嵐駅までは佐久間ダムを建設したときに新しい線に切り替わりました。
  全国にもダムの建設で線路が切り替わったところが何箇所かあります。


 ◆渡らない鉄橋◆
   城西駅と向市場駅の間には渡らない鉄橋(?)があります。
   対岸に行く前に又戻ってしまいます。
   ここには中央構造線(フォッサマグナ)が走っているために
   トンネルが掘れないそうで、こんなになったとか。


 ◆列車でしか行けない小和田駅◆
   以前、小和田雅子様がご成婚されたときはこの駅を訪れるひとが
   ホームに溢れんばかりきたそうです。
   この駅は愛知、長野、静岡の県境のえきでこの駅に来る道路がない。
   たった1件だけ民家があるそうで、郵便配達も列車でくるそうです。

               
                          小和田駅

 ◆天竜川くだり◆
   天竜川といえば天竜川くだりを体験するのもお勧め、
   豪快流れの中を船で下るのも列車から見る景色とは違ってまた一考かも。
   濡れても知りませんよ!
 
    
    天竜舟下り(弁天港〜時又港)      天竜ライン下り(天竜峡温泉港〜唐笠港)
  

  ◆中央アルプス◆
   飯田からの車窓の眺めはなんと言っても中央アルプスの山々景色でしょうね。
   また、高遠の桜も有名ですね。
   駒ヶ根駅から行く千畳敷カールは高山植物が群生してとてもきれいです。


  ◆伊那名物 鯉料理◆
  飯田駅から徒歩10分のところにある定食屋さん「満津田」では伊那名物の鯉料理が
  食べられます。特に鯉甘煮は明治創業以来、注ぎ足ししながら作ってきた伝統のタレで
  煮込んであり、とてもおいしく是非おすすめです。
  馬刺しもおいしいです!!
  
               
                         伊那香定食

  ◆五平餅◆
   飯田線の旅にはやはり五平餅、これを食べると信州に来たと思うのは私だけ?
   あと、馬刺しや鯉料理とかも是非食して見てください。


  ◆おまけの上諏訪駅足湯◆
   飯田線の終点は辰野ですが、列車の内半数近くが中央線に乗り入れます。
   辰野から10分ほどで上諏訪に到着します。
   ここは駅に足湯があり、飯田線の旅の疲れを癒してくれます。

     
  



 家族と鉄道の旅〜TOP


 寝台特急カシオペア
 トロッコ列車

 津軽鉄道
 島原鉄道
 会津鉄道
 ゆりかもめ
 大井川鉄道
 飯田線
 青梅線
 江ノ島電鉄
 上野動物園〜モノレール
 銚子電鉄
 函館市電
 只見線
 足湯のある駅
 鉄道博物館
 黒部峡谷鉄道

 
プロフィール 
Copyright (C)  家族と鉄道の旅 All Rights Reserved
掲載の記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等はご遠慮下さい