上野動物園

家族と鉄道の旅

上野動物園

 
  


             

           上野動物園☆モノレールのページ




 ◆日本初のモノレール◆
  私が初めて上野動物園にいったのは長女が2歳の時で
  地方の小さな動物園しか知らなかった私は動物園の中にモノレールが走って
  いるのはとてもおどろきでした。

       

  東園から西園までわずか300mの距離ではおよそ90秒で到着しますが、
  乗車するお客は多く特に休日は20〜30分待つこともあります。

  私が行った時は表門ではなく池之端門から入り西園から乗ったので
  東園から乗るよりもすいていたように思います。運賃は150円でした。

  上野動物園のモノレールは動物園内の遊戯施設としてではなく
  東京交通局の上野懸垂線として管理・運営されています。

  昭和32年に新しい都市交通機関として、懸垂式モノレールとして実験的に
  建設された、わが国初めてのモノレールです。

  レールの上部に駆動車輪を置いてそれに片吊りアームでぶら下がる方式ですが、
  実用化されることはありませんでした。



 ◆上野動物園◆
  1882年(明治15年)に開園した日本で最も古い動物園で敷地面積は14万uで
  園内で飼育、展示されている動物は388種1716点で日本で最も多い数です。

  パンダのいる動物園で有名ですが、ゴリラやトラ、象も人気です。個人的には
  ハシビロコウという頭の大きな鳥がなんか気になり親子でズーと見ていました。
  
    
                       ハシビロウコウ

 ◆パンダの思い出◆

  私の中の上野動物園は特別の思い入れがあります。
  1972年にはじめてパンダがきた動物園としてその名前を聞いたのは、
  私が幼稚園に通う頃でした。

  当時、京都に住んでいたので、実際に見に行くことはなく、
  テレビでパンダの映像を家族で見てました。

  そして、パンダに関するグッズがいっぱい販売され、近所のパン屋でも
  カンカン、ランランの顔をした菓子パンが売られていたのをよく覚えて
  います。

  そしていつか、上野動物園のパンダがみたいと思ったものでした。

  そして30年越しにその夢がかないました。そして、娘を抱っこしながら
  パンダを見せていると、やはり、初めて日本にパンダのカンカンとランラン
  が来た日の感動が蘇るのでした。


 ◆かわいそうなぞう◆

  小学校の教科書にあった「かわいそうなぞう」といお話を思い出します。

  「かわいそうなぞう」は戦争中に上野動物園で3頭の象が殺された
  悲しい物語です。

  戦争中、空襲がで動物園の猛獣たちが檻から出てあばれだすと危険だ
  ということで、殺されることになり、3頭の象も殺されることになり、
  最初はえさに毒を混ぜて食べさせようとしましたが、毒入りのえさは食べず、
  注射を打とうとしても象の皮膚は厚く針が折れてしまい
  最後はえさを与えず餓死させることになります。

  象たちは餌をもらおうといろんな芸をします。
  飼育係りの人もかわいそうで本当はやってはいけない餌を食べさします。
  でもとうとう餌もなくなり、象は死んでしまうというお話で、子供ながら
  に心を痛めたことを思いだします。

  象舎と道を挟んだ隣の茂みに動物慰霊卑があり、戦争で犠牲になった動物
  達の悲しい歴史を忘れてはならないと思います。

     
                                         動物慰霊碑

  上野動物園は歴史があり、日本でもっとも多くの人が訪れる動物園でも
  あります。私は子供が生まれるまで、しばらく動物園とは縁のない生活を
  してきましたが、上野動物園に行くとなぜか自分の幼少の頃の思い出と
  ダブリ、なつかしい思いになるのです。

 ◆周辺の見所◆

  上野駅前の上野百貨店の2階のレストラン「聚楽台」に入って家族で
  食事をしました。
  最初、1階のメニューのショウウィンドウを見て和・洋・中と様々なメニューがあり、
  今はないデパートの大食堂を思い出すなつかしさに惹かれ入ってみることに…

  中は広く桃山調の広い座敷とテーブル席があり、
  今時こんなレトロなストランがまだあるんだと、関心しました。
  味も美味しいといより、昭和のなつかしい味ってところでしょうか…

  この辺りも上野駅前再開発計画が進行しており、上野百貨店も建替え
  対象になっているとのこと。

  聚楽台のこのレトロな雰囲気も無くなってしまうのかと思うと残念だな〜

     
         聚楽台の店内                    メニューのショウウィンドウ

                  
                           西郷丼
    ※
レストラン聚楽台は閉店してしまいました。昭和の雰囲気を残す店がなくなり
      とても残念ですね。

  時間があればアメ横もおもしろいですよ。チョコレーのたたき売りなど
  活気があって、見ているだけでも楽しめます。

      
                                 チョコレートのたたき売り



 家族と鉄道の旅〜TOP


 寝台特急カシオペア
 トロッコ列車

 津軽鉄道
 島原鉄道
 会津鉄道
 ゆりかもめ
 大井川鉄道
 飯田線
 青梅線
 江ノ島電鉄
 上野動物園〜モノレール
 銚子電鉄
 函館市電
 只見線
 足湯のある駅
 鉄道博物館
 黒部峡谷鉄道

 
プロフィール 
Copyright (C)  家族と鉄道の旅 All Rights Reserved 
掲載の記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等はご遠慮下さい